避妊手術

 

犬のお話です。

うたちゃん、3日前に避妊手術をしてきました。

パラボナうたちゃんです。

 

日本のペット界では、

雌犬は子宮摘出、雄犬は、たまたまちゃんを取っちゃうという、

なんともまぁ、神を冒涜するような手術がスタンダードな考え方になってるんです。

理由は、病気の予防切除。

アンジェリーナ ジョリーがおっぱいを取ったのと同じ。

彼女の場合は、かなりの癌のリスクが高かったにもかかわらず、世の中は驚きの声と意見が飛び交いました。

犬の場合は、まだまだ検証年数や研究が未熟ではないのかと思うのと、いろんな飛び交う意見が聞こえないので、答えが見えなさすぎるのですが、

予防切除は、多くのワンコたちがしています。

でも、いらない臓器は無いと思うんですよね。。。

なのでうちのカンナちゃんは躊躇して、最近は数少ない真の女子なのですが、

発情期になると、切ないくらい素敵な王子様を探してウルウルして、旅に出たがるし、

先日は偽妊娠で、巣篭もりを始めて、おもちゃを温めたりしてるんです。。

これもかなりストレスかなぁと、病気のリスクも考えて、

色々悩みましたが、やっぱり手術かなぁ。

そして、その前に半年になったうちのうたちゃんが、

するなら早い方が良いという、獣医師に従って、3日前に手術を終えてきました。

診察室でうたちゃんを先生に預けて出ようとした時、

いつも平気なうたちゃんがピーピー泣くものだから、胸が痛みました。

正解は分かりまさん。

個体によっても同じ正解では無いと思います。

うたちゃんも、ホルモンのバランスが崩れて、よく無いことが起こっているかもしれないけれど、

将来かかる所だった、大きな病気から解放されたのかもしれません。

答えが見えない中で、うたちゃんに悪いことをしたのでは無いかしらと、悶々とする今日この頃です。