ワイルドガーデン

6月に入って気温が上がって、湿度も出てくると、グリーンが癒してくれます。

彩り豊かな5月から、濃い緑色の庭に変わってきました。

負のエリアでしかなかった、建物の間のスペース。粘土質で水はけ悪く、日当たり悪く、コケとドクダミなどの雑草しかなかったスペース。特に北壁に当たるこのエリアはどうしようもなく、流石のホスターでも厳しいかもと思いながら植えてみると、すくすく育ってくれました。

とても小さな葉っぱのブルーマウスイヤーというホスター と

青味のかかった美しいフランシス ウイリアムス。ホスター というと何?と思われる方もいらっしゃいますね、ギボウシの事です😊

今では、このシェードガーデンが、大好きなエリアになりました。

今年は紫陽花のブルーを綺麗に咲かせる肥料のお陰で、例年より色が綺麗に咲きました。

赤紫ではなく、青紫に。

ガーデンカフェの時に、何人かの方から「あれ何ですか?」と聞かれていた、アカンサスモリスが咲きました

非常にワイルドな葉っぱとお花で、とてもワイルドにおしゃれに庭を演出してくれています。

皆様にご覧いただいているバラの華やかなお庭から、少し違ったお庭に変わりつつあります。